アラフォー共働きママが副業するなら、本業のスキルアップになるものを!

最近よくあるご相談の一つ、『何かいい副業ありませんか?』という内容のもの。

子供がまだまだ小さなうちは育児と仕事で手一杯なママも多いのが現実ですが、小学校も慣れて手が離れてくる時期になると、少し時間に余裕が出てくるママもいます。

実際ご相談者からのお話で、会社から副業を推奨されたり認められている話を耳にすることは、この数年、大手中小企業などお勤め先の規模に関係なく、確実に増えています。

今回は、アラフォー出産の共働きママが副業を選択するときに意識したいことについてです。

本業がしっかりあるママが副業を選ぶときは、

・本業にとってもプラスになる職種を選ぶ

・60歳以降は本業になりえる副業を!

・働く時間と場所を自分で選べるフリーランスで(子育てとの両立がしやすい!)

この3つを意識して選択しましょう。

本業のスキルアップになる職種

副業として、まずお勧めしたいのは、本業に近い職種や本業のスキルアップになりそうな副業です。(本業そのものになってしまうと社内の副業規定に抵触してしまう可能性があり)

フルタイムで働く共働きママにとって、本業はやはりもっとも重要な収入源。

今後の自分のキャリアや収入アップのためにも、最も力を入れたいところが本業の方も多いでしょう。

そして、『本業を頑張ること』はライフプランにおいて要になる大切なことであることは事実です。

その上、アラフォー世代が就職した頃って、まだまだ副業がメジャーでもなく、終身雇用を描いて就職を考えていた人もいたはずです。

そんなアラフォー出産ママに、『いきなり、副業って言われても…』と感じてしまう人も少なくないのも理解できます。

そこでお勧めしたいのが、 本業にもプラスになりそうな副業を始めてみること です。

例えば、そこそこの規模の会社で経理部にいるママであれば、中小企業の経理のお手伝いをしたり、営業として部下のマネジメントもしているママであれば、女性営業職マネージャーのためのコンサルタントをしてみたり…という感じです。

副業を始めることで、勉強する機会が増えたり経験値が高くなります。

結果、本業でもよいパフォーマンスを発揮→お給料もアップなんてことになったら、一石二鳥ですよね!

60歳以降も継続できる仕事を

国は本人が希望すれば70歳まで雇用するような努力を企業に促しています。

制度としては、今後より長く働くことが推奨されそうな日本。(詳しくは『何歳まで働く?』高齢出産ママの老後は『長く働く+年金増やす』で万全に!

しかし、退職後の仕事内容は大きく変わりなくても、給料が下がったりするのはよくある話。

それをきっかけに辞めたい…と思っても、生活のため働くしかないという状況も考えられます。

特にアラフォーママの場合、60歳前後まで教育費のピークが続いていることがほとんどで、住宅ローンが結構残っていたり、老後資金が十分ではない…働くしかないでしょ!となりやすい傾向にあります。

そんな時に、どんな風に働くのか?

60歳の時の自分の仕事がやりがいがあり充実するものであれば、給料が下がったとしても継続雇用を希望する方もいるでしょう。

しかし、もしそうでない場合は、現職以外の自分がやりたい仕事だったり、同じ職種だったとしても変わらない収入を求めたいという人もいるでしょう。

そんな還暦間近のタイミングになって、ジタバタし始めるのは計画的ではありません。

60歳から副業を本格的に始めて軌道に乗せるのは体力的にも年齢的にも、より大変です。

 60歳からの準備よりも、アラフォーの今から副業として種まきしておいたり、退職後自分のペースでできる仕事という視点で副業を選択しておくことは、長く続く人生において非常に重要です。 

60歳以降も稼げる副業がある人とない人では、その後の人生は大違いであることは肝に銘じておきましょう。

時間と場所を自分で選べるフリーランス

特に子育て中のママにとって、『時間』は最も欲しいものの一つではないでしょうか?

子育てしながら、会社に勤め、さらにどこかで安易にアルバイト…なんていう生活は、ワーママにとっては非現実的です。

さらにアルバイト的な仕事では、時間も拘束される割にはキャリアにも結び付きにくい…と自分自身を単純に消耗してしまうことになりかねず、正直いいことは一つもありません。

会社員が長いママには想像がつきにくいかもしれませんが、 時間と場所、やり方までも自分で自由に選べるフリーランスという働き方は、子育てで忙しいママの副業にはピッタリ です!

福利厚生部分は本業の仕事でしっかりカバーしつつ、副業では多少リスクをとってでもフリーランスという働き方を選択してみてはどうでしょうか?

今はSNSなどを使って個人がどんどん発信できる時代です。

またココナラのように、個人のスキルとそれを必要とする人とをマッチングするサイトなどもたくさんあります。

個人のビジネスのチャンスは広がり続けています。(私見ですが、もともと仕事自体が好きなママ、給料に不満があるタイプのママはフリーランスの素養ありです!)

そして軌道に乗れば、子育て後はフリーランスとして仕事を収入のメインとなることも!

そうすれば、60歳や65歳時点での会社の雇用体制など気にせず伸び伸びとあなたらしいライフプランが描いていける可能性が高まります!

まとめ

ライフプランを改善させるための方法は、大きく3つしかありません。

それは、

・収入を変えること

・支出を変えること

・運用すること

の3つです。

この選択し3つのうちのどれか一つだけを変えることで、問題がなくなるケースもありますが、多くの場合、この3つを無理ない範囲で変えていきながら全体のライフプランを改善することもよくあります。

 副業はライフプランを改善するための選択肢の一つにすぎませんが、ここ数年の相談数の増加から、メジャーな選択肢の一つになるのではないかと感じています。 

子供が小さいときは子育て&仕事で、フルタイムを二つやっているようなものなの。

副業なんてとてもとても…という現状のママもいるでしょう。

しかし、将来もし副業を考えるタイミングが来たら

・本業にとってもプラスになる職種を選ぶ

・60歳以降は本業になりえる副業を!

・働く時間と場所を自分で選べるフリーランスで(子育てとの両立がしやすい!)

の3つを意識して副業を選んでみてください。

きっと、より良い形でのライフプランの改善につながっていくはずです!

高齢出産だから20年で110万もお得に教育費が貯められる!

その方法とは?