MENU

初めての方にお勧め記事

こんなことで悩んでいませんか?

 

 ✔教育費のピークが終わる頃には、もう還暦。老後資金は貯められる?

   ✔50代後半で収入が下がりそうなのに、教育費はピーク。どうしたらいい?

   ✔『学資保険はよくない、つみたてNISAで貯めるのもいい』と聞いたが、運用は全くの初心者。

   ✔もう一人、子供が欲しい。でもお金も心配…。

   ✔子どもが生まれて、家を買いたいけれど、いくらくらいまでだったら購入してもいいのだろう?

   ✔会社で確定拠出年金(IDECO)が導入されたけど、よく分からない。 

教育費老後資金も、あなたにとって

いずれ必要になるお金です。

必要になるタイミングは待ってくれません。

断言します!

『なんとかなる…』では決してお金は貯まりません!

最近の投稿

  • 『晩婚で子供を産むこと』の現実。必要なのは、覚悟ではなく『貯蓄計画』!
    初婚年齢が年々上昇中です。 厚生労働省のデータによると、2000年の平均初婚年齢は男性28.8歳、女性27.0歳でしたが、2017年には男性31.1歳、女性29.4歳まで上昇しています。 『キャリアを形成してから結婚→出産したい…』 『今の独身生活で不自由がなく、充実している』 […]
  • 共働きの保険はどう選ぶ?必要な保険を無駄なく選ぶ方法。
    『えっ?私も死亡保障がいるんですか?』 ご相談中、必要な保険の話になった時にママからこんな反応聞くことは珍しくありません。 かつて、専業主婦が多かった時代。 今、アラフォーで出産しようとしているママが、子どもだったころ、その母親世代の多くは主婦でした。 […]
  • 貯金が1000万円を超えたら。ペイオフ以外で本当に気を付けるべきこと。
    『1000万円』 …と言ったら、多くの人にとって決して少額ではない金額のはずです。 これだけ貯めるには、それなりの年月を費やしているもの。 ちょっとした達成感を味わえる…そんな金額かもしれません。 アラフォー出産ママにとっても、多くの場合で1000万円って大きな金額だったりする、この1000万円。 […]
  • 【転勤族】家の購入はいつすべき?それぞれのタイミングで気をつけたい事とは?
    子どもが生まれたことをきっかけに、住宅を買おう!という方も多い中、賃貸での生活を続ける人もいます。 その理由の代表的なものの一つは、自分もしくはパートナーが『転勤族』だから。   転勤族が住宅購入に踏み切るべきタイミングはいつなのでしょうか? […]
  • 高齢出産だからこそ。病院選びは慎重に!
    嬉しい気持ちの反面、これからの妊娠生活や出産に不安を感じる方も多いアラフォーでの妊娠と出産。 まずは『とにかく無事に産まれてきて…!』と心から祈らずにはいられませんよね。 健康面やお金の不安…でも、妊娠が分かると多くのママがまず始めるのは『産院選び』。 […]
  • 育休から早めに復帰?ママの体調とキャリアプランが決断のポイントに!
    育休は、働くパパママが子が1歳になるまでの間で希望する期間、子育てを理由に休業できる制度です。詳しくはこちら→ 2019年度の厚生労働省の雇用均等基本調査では約80%以上のママが取得しているとの結果が出ています。 […]
  • 40代で不妊治療。お金はどこまでかけられる?
    晩婚化が進み、アラフォーで妊活するも思うような結果にならず、不妊治療を受ける女性も増えてきています。 2010年に約2.9万人のベビーが体外受精で生まれ、2016年には5.4万人に増加しています。*日本産科婦人科学会が集計より […]

読みたい記事を探す(保険・貯蓄・資産運用・ライフプラン・住宅・教育費・老後資金)… READ MORE

 

*適切な保険の加入や見直しで累計数百万の支出を減らされた方、資産運用をすることで10年間で3~6%の利回りを実現された方もいらっしゃいます*

*500世帯以上の相談実績があります*

*東京都で活動する独立系FP事務所です*

このブログは

36歳で第二子を出産した

ファイナンシャルプランナー

書いています。

プロフィール詳細はこちらから

 

PAGE TOP