MENU

 

こんなことで悩んでいませんか?

  • 教育費のピークが終わる頃には、もう還暦。老後資金は貯められる?
  • 50代後半で収入が下がりそうなのに、教育費はピーク。どうしたらいい?
  • 『学資保険はよくない』、『つみたてNISAで貯めるのもいい』とうわさで聞いたが、運用は全くの初心者。
  • もう一人、子供が欲しい。でもお金も心配…。
  • 子どもが生まれて、家が手狭に。家を買いたいけれど、いくらくらいまでだったら購入してもいいのだろう?
  • 会社で確定拠出年金(IDECO)が導入されたけど、よく分からない。

教育費老後資金も、あなたにとって

いずれ必要になるお金です。

必要になるタイミングは待ってくれません。

断言します!

『なんとかなる…』では決してお金は貯まりません!

 

 

アラフォー出産ママだからこそできる!

無駄のない資産形成をヒントが満載のメルマガを発行しています。

ぜひご登録ください。

↑ご登録はこちらから

最近の投稿

  • リバランスの意味ってある?株価急落時こそ効果を実感するはず!
    株価下落時真っただ中である今(コロナショック中です)、年間サポート中の方から嬉しいメッセージを頂きました。 『夏に定期的コンタクトでお会いしたときに、アドバイス通り株(投資信託)を一部売っておいてよかったです。』 こんな時期に、感謝のメッセージを頂けるなんて本当にうれしいことです。 これは、 […]
  • 住宅ローンの頭金の目安はどれくらい?コストと教育費等のバランスに注目!
    いざ物件が決まって購入手続き…となると、やはり悩むのが『頭金、いくら入れたらいいのだろう?』ということ。 『手元にお金がないのは不安。だけど、金利や諸費用含めトータルコストは抑えたい!』と多くのママが望むのではないでしょうか? […]
  • 住宅ローンはいくらまで?借りれる金額と返せる金額は違います!
    『子どもも生まれて、家族構成も決まり、ぼちぼち住宅を買いたい!』…というご家族から、ご相談で多いものの一つに、『いくらの住宅までであれば、無理なく買えますか?』というものがあります。 […]
  • 文京区の保育園!保活体験記。勝因は点数の加算を最大限にすること。
    育休中のママにとっての最大関心事と言えば、保活。 2児を保育園に預けていた私も(一人はまだ在園中)、結果発送前は、なんだかソワソワ落ち着かない日々を送ったものです。 […]
  • 教育費を運用!つみたてNISAで貯める人、増えてます。
    投資に抵抗がない共働きママであれば、絶対おすすめしたい教育費積立方法がつみたてNISA。   少し前は、『何が何でも学費は保険で!』という固定観念(?)からなのか、はたまた勧められるからなのか、保険で学費を準備する方も少なくなかったのですが、最近はご相談を受けていても、   […]
  • その後が大変?高齢出産で後悔するのは、こんな理由。
    世の中、いくつになっても経験してみないと分からないことも多いもので、その一つが高齢出産後の子育てではないでしょうか? もちろん、『出産→子育て』というこの人生最大のイベントは、何歳で出産しようが全ての女性にとっての一大事業。 そして出産・子育てには、他のものには代えがたい喜びや楽しみがあります。 […]
  • 共働きが必要な保険とは?共働きならではの落とし穴に注意!
    一概には言えませんが、多くの共働き世帯の試算を経験してみた結果、(すべての世帯に該当するわけではありません)   そして共働きだからこそ、保険を考える時に気をつけなければいけない注意点が3つ。     『お互い働けるから、保険はいらないよね?』 […]

読みたい記事を探す(保険・貯蓄・資産運用・ライフプラン・住宅・教育費・老後資金)… READ MORE

*適切な保険の加入や見直しで累計数百万の支出を減らされた方、資産運用をすることで10年間で3~6%の利回りを実現された方もいらっしゃいます*

*500世帯以上の相談実績があります*

*東京都で活動する独立系FP事務所です*

 

このブログは

36歳で第二子を出産した

ファイナンシャルプランナー

書いています。

プロフィール詳細はこちらから

 

PAGE TOP