初めての方にお勧め記事

こんなことで悩んでいませんか?

 

 ✔教育費のピークが終わる頃には、もう還暦。老後資金は貯められる?

   ✔50代後半で収入が下がりそうなのに、教育費はピーク。どうしたらいい?

   ✔『学資保険はよくない、つみたてNISAで貯めるのもいい』と聞いたが、運用は全くの初心者。

   ✔もう一人、子供が欲しい。でもお金も心配…。

   ✔子どもが生まれて、家を買いたいけれど、いくらくらいまでだったら購入してもいいのだろう?

   ✔会社で確定拠出年金(IDECO)が導入されたけど、よく分からない。 

教育費老後資金も、あなたにとって

いずれ必要になるお金です。

必要になるタイミングは待ってくれません。

断言します!

『なんとかなる…』では決してお金は貯まりません!

最近の投稿

  • 子育て世帯への給付金について、一子育て世帯として思うこと。
    今日は何かとニュースで目にする子育て世帯への給付金の話題。 18歳以下の子供がいて、所得制限のに該当する世帯に一人当たり10万円相当を支給する子育て世帯への給付金のことです。 給付しても貯蓄になるだけだとか、一部クーポンにすると900億かかるとか、色々批判や異議を唱える方も少なくありません。 […]
  • 日経『私の履歴書』から考える、これからの女性のライフプラン
    『ライフプラン』を意識的に考えている人が、どれくらいいるのかは分かりませんが、職業柄、ライフプランをつい、意識してしまいます。 例えば、日経新聞の文化欄の目玉記事、『私の履歴書』。 […]
  • 【ESG投資】子育て世代にとってのメリットデメリット
    いつの時代にもあったはずです。 いわゆる流行りものスウィーツとなるものが。 ティラミスやらパンナコッタやらベルギーワッフル、マカロン…最近だとタピオカドリンク。 でも流行った歴代スウィーツを振り返ってみても、そのまま定番として生き残っているスウィーツなんてほんの一握りです。 […]
  • 最終的にはお得⁉中学受験した場合のお金のメリット
    中学受験を考えるママであれば、だれもが一度は調べるはず。 中学受験のための通塾にいくらかかり、その後の学費がどれくらいかかるのかを。(中学受験にかかる費用目安はこちら) そして学費の高さに目を疑い、自分の子供の進学先として、『中学から私立』がありうるのかを計算し始める… […]
  • 夫が働けなくなったら、もらえるお金はどれくらい?
    例え共働きで、ママもそれなりの収入があるとしても、『もし夫が働けなくなったら…』を想像した時に多くのママが不安になるでしょう。 特に子供が小さく、『これから教育費がどれくらいかかるか…』と気になっている頃であれば、なおさら。 […]
  • 【超危険!】高齢出産で教育費貧乏は、老後破綻まっしぐら。まずは考え方を変えて!
    以下の項目に、もし該当するアラフォー出産ママがいたら、本当に注意してほしい。 ✅子どもができてから、気が付いたら貯蓄が増えていない(特に子どもが10歳未満の場合) ✅子どもには、小さなころから多くの習い事をさせている […]
  • 【年下妻、必見】共働き・年の差夫婦の損しない年金の受け取り方!
    人生100年。 長い人生。 老後のライフプランを考えた時に、不安ではない人は少ないでしょう。 特にアラフォーで出産したがゆえに、教育費ばかりに意識がいってしまい、夫婦での老後資金を貯められなくてかなり心配…というママも少なからずいるはずです。 […]

読みたい記事を探す(保険・貯蓄・資産運用・ライフプラン・住宅・教育費・老後資金)… READ MORE

 

*適切な保険の加入や見直しで累計数百万の支出を減らされた方、資産運用をすることで10年間で3~6%の利回りを実現された方もいらっしゃいます*

*500世帯以上の相談実績があります*

*東京都で活動する独立系FP事務所です*

このブログは

36歳で第二子を出産した

ファイナンシャルプランナー

書いています。

プロフィール詳細はこちらから

 

MENU
PAGE TOP