高齢出産ママのリスクは健康面だけじゃない!

一般的に40歳・アラフォーでの出産となると、最も心配されるものの1つが健康リスク。

 

何歳で出産しようと、ただでさえ心配事が尽きない出産にもかかわらず、

アラフォーでの出産となると、医学的にも様々なリスクが高くなると言われており

調べれば調べるほど心配になってしまう方も少なくないと思います。

 

今日お話ししたいのは、そんなアラフォー出産の健康リスクではなく、

アラフォー出産だからこそ存在する、お金のリスクがあることをお話しします。

アラフォー出産が分かったら、健康面と同じくらい、お金面でも

気を付けてあげる必要があります!

リスクの原因

子供との年齢差

年齢。

年齢と過去だけは変えられません。

子供との年齢差も縮まることはありません。

 

あなたの子供が20歳になる頃、あなたは何歳でしょうか?

もし今あなたが40歳であれば、あなたは60歳になります。

つまりあなたは老後生活目前にしていながら、

まだ大学在学中の子供がいるという、

親としてまだまだ子供から頼りにされている存在なのです。

そしてようやく子供が就職…とほっとするのもつかの間、

あなたに老後の資金を貯める時間は残っているでしょうか?

もしあなたが65歳で退職をするつもりであれば、

その時間はほとんど残っていないと考えてください。

これが、お金面におけるアラフォー出産ならではのリスクです。

収入の減少が始まる頃、あなたの子供は何歳か?

あなたは会社員ですか?

それともフリーランスですか?

日本の労働人口の多くは会社員ですが、

会社員の場合、収入がどのような変化をすることが多いかご存知ですか?

多くの場合50代半ばをピークにその後ゆるやかに減少…というケースになります。

 

50代半ばというと、あなたの子供はちょうど高校に入学するくらい。

『中学や高校から私立へ』という方も少なくないご時世ですので

この収入が下がる時期に、存在感を増してくる教育費は

なかなか脅威的な存在です。

この数年で見る見るうちに資産を減らしてしまうケースも

少なくありません。

リスクに対応するために

心配ばかりはしていられません。

予め、予定されている支出であれば準備しておけばいいのです。

大きく分けてやり方は2つあります。

長く働くことを選択肢に入れる

人生100年といわれる時代です。

今のアラフォー世代、もしくはそれより若い世代で

60歳で退職しよう!と思っている人は、少ない印象です。

『少なくとも65歳まで、できれば70歳くらいまで働きたい!』

『60歳以降はフリーで仕事を受けられるようになりたい』

と考えているお声もよく聞きます。

働き方も多様化するこの時代。

ご自身が長く働くこと前提とした選択肢を考えてみるのも一つです。

計画的な資産形成にできるだけ早く取りかかる

収入が下がることも、子供にお金がかかることも、

自分の老後の年金だけでは望む生活が難しいことも

もし分かっているのであれば、それに向かって対策を打ちましょう!

貯蓄の金額の見直しはもちろん、

貯蓄のやり方や方法を見直すことで節税できる方法も

今は沢山あります。(IDECOやつみたてNISAなど)

運用していない人であれば、運用を始めてみるだけでも違ってくるでしょう。

早く気が付き取り組めば、より多くの策がうてます!

 

 

どちらが良い悪いではありません。

資産形成の道のりも、人生も長いので、

あなたに合う方法で進められることをお勧めします。

 

アラフォーで出産。教育費と老後資金を本気で貯めたいなら。

↑メルマガのご登録はこちらから

 

 

 

ブログを更新するとツイッターでお知らせしています