当ブログにご訪問頂きありがとうございます。
みしまFP事務所代表の三島 芳史子(みしまかしこ)です。

『子供の教育費と自分の老後資金をちゃんと貯めたい』

と 本気で願うアラフォー出産ママのための資産形成専門FPです。

500世帯以上の相談業務の経験があります。

 

【資格】
ファイナンシャルプランナー
トータルライフコンサルタント
証券外務員2種

【事務所所在地】

【出身】
富山県

【住まい】
東京都文京区

【家族】
夫と長女、長男の4人家族。長男を出産したのは36歳。

【趣味】
美味しいご飯と晩酌
子どもの教育について調べること
読書

【実績】

☆個別相談 500世帯以上

☆ライフプランセミナー

2009年 12月 SMBC日興アセットマネジメント様(ライフプランセミナー)

2010年 2月 大江戸FPフェア「みんなで考えるがん保険」

2013年    ミマモカフェ様(ライフプランセミナー)

2015年 7月 MFSインベストメントマネジメント様(ライフプランセミナー)

2020年 5月 MASAKA株式会社様(資産運用セミナー)

☆執筆

2014年 10月 FPアンサーズ 厳選FPが寄り添うお金の相談室(がん保険にするなら終身型にすべき?)

2019年 4月 ほけんROOM 老後の生活費として3000万円必要って本当?あなたの老後に必要な金額を計算してみよう。

【経歴】
2003年 外資系保険会社PCA生命(現:SBI生命)に入社、3年後所属する部署が閉鎖となり退社。

2006年 保険総合代理店保険パートナーズジャパンに移籍、約20社生命保険・損害保険会社の商品を取り扱いを開始。
ファイナンシャルプランナーの資格を取得。

2009年 生・損保に加え、投資信託などの証券商品をを新たに始めるため、FPアソシエイツ&ファイナンシャルサービシズに移籍。

2018年 相談業務に特化するため、みしまFP事務所設立。

 

すべてのアラフォー出産ママへ。私の願いーーーーーーーーーーー

 

 

人生は選択の連続。

 

子どもの人数や今後の働き方など、男性に比べると、特に女性の場合は、『決断すべきタイミングが人生の前半に集中』しています。

 

しかも『その決断が、将来に大きく影響する要因になる』傾向があります

 

私はFP(ファイナンシャルプランナー)です。

 

さまざまなFPがいますが、私の専門はライフプラン全般にまつわること。

 

『人生いつ、いくらお金がかかるの?』ということが分かる、ライフプランの作成にはじまり、

 

保険の診断、

資産形成や運用のサポート、

住宅購入のアドバイス、

 

 人生の様々なシーンにかかわるお金が、全体的に上手くまわるよう、中長期的な視点でのアドバイスとサポート をしています。

 

 

そんなに幅広く見ていたら、浅いアドバイスしか得られないんじゃないの?

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

でも、私が目指しているのは、

『ご相談者の人生がお金面で破綻することないよう、安心して生活を楽しんでもらえる姿』

 

それを目指すには、保険だけ、住宅だけ、といった 特定の分野に囚われていては、『本当に効果的で効率的なアドバイスをすることはできない』 と考えています。

 

 

FPを取得してから10年以上経過し、お陰様で500世帯以上のライフプランニングを経験してきました。

 

FPなので、当然と言えば当然ですが、これまで普通の人よりもお金について考えたり、勉強する時間は、かなり長く費やしてきました。

 

 

頂いたご相談内容に関する解決策を模索したり、様々な調べ物をしたり…と、仕事であるがゆえに費やしてきた時間も、確かに多くを占めています。

 

 

 

でもそんな私が、私個人のお金のことについてこれまでにないくらい真剣に考えたタイミングも、過去にはありました。

 

しかもアラフォーといわれる年齢になってから。

 

私の場合は、二人目の子どもを出産しようかと考えた時でした。

 

そもそも結婚したときに、『子どもには兄弟姉妹を』と漠然と思っていまし、その予定でもありました。

 

 

第一子を2年前に出産し、36歳。

 

そろそろ二人目を考えたい…

そんなタイミングでした。

 

そんな時、『産んだ後、大丈夫かな…お金』という不安が、すごい勢いで私を襲ったのです。

 

もちろんFPなので、これまでも、自分のライフプランを作成したことは何度もありました。

 

それまでは、問題なかったのです。

 

まだ出産前で、想像の中での共働き子育て中である、私のシミュレーションでは。

 

全く問題ないシミュレーションだったのです。

 

 

でも、1人目の子どもを産むことによって、子どもを育てる大変さとか…

それだけでも大変なのに、その上仕事もフルタイムでしつづけることがどんなに気力と体力を必要とするか…とか。

 

 経験してリアルに分かるようになった分、『この状況を継続した上で、更にもう一人の子どもを育て上げることができるのか?』とても不安 になってきたのです。

 

特に私は個人事業主。

仕事を沢山こなせば、それが直接還ってきますが、仕事が減れば、それも直接大きな影響があります。

 

当時、私は仕事には復帰していましたが、子どもの急な病気や、自分の体力の低下で、『まだまだ思うように仕事ができないな』と感じることも多々ありました。

ただでさえ、以前のような収入が保てず、気持ちも不安定な中、

 

『ここからまた、産休や育休(しかも私の場合、事業主のため手当なし)を取って、果たして、復帰したときに仕事があるだろうか?』

『さらに二人の子供を育てていくから、生活費や教育費もアドオン…。』

『その上私の場合、会社員歴が短いため、厚生年金が少ない!!』

『還暦近くまでかかる子どもの教育費を払い込んだ後に、私は老後まで経済的に自立した生活をキープできるのだろうか?』

それまで楽観的にとらえていた将来が、急に変わって見えたのです。

 

何度も何度も、考えうる色々なパターンでシミュレーションしました。

 

最悪の事態の想定もしました。

 

人並みの教育をちゃんと与えてあげるには、どれくらいの世帯収入が必要なんだろう?

私は何歳まで働く必要があるのだろうか?

どんなペースでの貯蓄が必要なのだろうか?

支出はいくらに抑えるべき?

運用はどうしよう?

 

…結局、『二人目出産後すぐに順風満帆な仕事復帰!』とはいきませんでしたが、二人目を出産する頃には、私の心は穏やかな状態でした。

 

 

 

私の場合は、自分が送りたい人生を考えた時に

 

・最低限これぐらいの収入が必要!と確認できたことと、

・出産前にありとあらゆる無駄を省いたこと、

・浮いた分を、資産運用に振り分けて資産形成を始めたこと

 

まずは収入・支出・運用それぞれ目指すべき数字が明確にし、少しずつ、でも結果的にすべてを実行していきました。

 

それまでは、不安で不安で仕方なかったのですが、『将来必要なお金の確認』と『それに向けて貯める仕組み作り』ができたことで、今も焦らず落ち着いて仕事に取り組み、家族と楽しく過ごすことができています。

 

人生の多様化、そして晩婚化が進み、現代のアラフォー女性の多くは、人生の中でも最も決断に忙しい時期のど真ん中を疾走中です。

 

そして、その決断一つひとつが将来に与える影響っていうのが、…これまた結構大きかったりします。

 

 『自分のためにも、子どものためにも、いい決断をしたい』 

 

そう望まないアラフォーママは、いません。

 

でも、それなのに、

 

保険屋さんに相談すれば、『万が一の保障も貯蓄も、全部保険がいいですよ』と言われ、

 

不動産屋さんに相談すれば、『みんなこれくらいのローン組んでいるから問題ないですよ』と高額な物件を勧められ、

 

証券会社の窓口に行けば、『こんな商品どうですか?』と手数料の少ないiDeCoやつみたてNISAの相談ははぐらかされ…

 

 

 人生の大きな決断にもかかわらず、特定の角度からしか、参考情報をもらえない。 

 

 

そんなのは絶対おかしいと思っています。

 

そんな状況でいい決断はできますか?

あなたの人生を真剣に考えて話してくれている人はいますか?

あなたのお金の相談を、専門的な知識をもって解決してくれる人はいますか?

 

 

人生の重要な決断に悩む多くのアラフォー出産ママに、後悔のないいい決断をしてほしい!

 

あなたとご家族みんなが笑顔で過ごす将来に向かって伴走する、心強い味方でありたいと願っています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

三島芳史子