教育費へお悩みの方へ

教育費の目安・注意するポイント・貯め方について

はじめに

私自身、FPとしても一人の親としても、『子どもの教育』は常に最大の関心事です。

まずは『子どもが生まれてきてくれたことに心からの感謝』!の気持ちでいっぱいです。

 

…しかし同時に親として、これから子どもにどんな環境や選択肢を与えてあげたりすることができるのか、そして金銭的なサポートを最大限してあげるにはどんな選択肢があるのかと日々、自問自答しています。

このページにいらっしゃった方の中には、私と同じようにお子様の教育やその金銭的サポートについて真剣に考えていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。私自身が生活の中でリアルに感じることや様々な媒体から得られる教育・教育費関係の情報をお伝えすることで、そういった方たちの少しでもお役に立ちたいと心から願っています。

まずはここから!教育費の目安を把握しましょう。

教育費が準備できるか不安です…。学資保険の2万円だけで足りるのでしょうか…。

全貌が分からないと誰でも不安になります。まずは、敵?(準備すべき教育費)を知ることから始めましょう。

 

文科省の統計によると教育費の目安

公立(国立) 私立
幼稚園(3年) 68.2 144.6
小学校 193.4 916.5
中学校 143.3 398.0
高校 135.2 311.0
大学(文系) 242.6 389.9
大学(理系) 242.6 530.8

*単位は万円

*幼~高校までは学校の授業料のほかに学習塾などの学校外教育費も含む。「子どもの学習調査」文部科学省より

*国立大学の学費は「国立大学等の授業料とその他の費用に関する省令」文部科学省より

*私立大学は「私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額」文部科学省平成28年度より

コース別に試算してみましょう

すべて公立コース(幼稚園→大学まで) 782.7
大学のみ私立コース(幼稚園→高校は公立→大学は私立文系) 930.0
中学以降私立コース(幼稚園→小学は公立→中学~大学は私立文系) 1360.5
すべて私立コース(幼稚園→大学は私立文系) 2160.0

 

こうしてみると、私立を選択するか公立を選択するかで大きな違いがあることが分かります。

都内では『中学から一貫校』というコースを支持する方も多いですが、公立の一貫校に入るのは、かなりハードルが高いです…。

中学以降私立というコースを選択した場合は、1500万円前後かかるという覚悟が必要です。

また受験するには、塾へ通うことにもなるでしょう。

上記の数字には、学校外教育費が含まれているとはいえ、受験間近となると追加コースの増やしたり家庭教師をプラスしたりすることもあり、平均より大きく出てしまうことは十分ありえます。実際にかかる費用は平均を上回るというFP自身の体験談をFPジャーナル(FP会員専門の情報誌)で目にしたこともあります。

そして子どものやりたいことや特性によっても、教育費は変わってきます。

そうなんです。様々な理由によりそもそも教育費の予算を立てることは難しいということがお分かりいただけるかと思います。(かといって無計画というわけにもいかないので、目安を知ることは重要です)

教育費には目安があるとはいえ、ブレ幅もあるということをまずは頭に入れてください。

教育費を考える上で注意するポイント

『子どものため…』そう思う親心、三島自身もよーくわかります。

でも…それでもです。

子どものためだからと言って、際限なくお金を使うことはできません。

収入には限りがあり、子どもの教育費をどう支出していくかについては、ご家庭なりのルールが必要になってきます。

教育費を考える上で大切なポイント

①長期的視点で考えること

②将来得られる結果を考えた上で選択すること

 

①長期的視点について

教育費は、累計すると確かに1000万円以上の支出になることが多いですが、一気にかかってくるわけではありません。

幼稚園、小学校…大学と進む過程の中で発生する支出です。

まずは、先ほどの目安を基にライフプランを立てることをお勧めします。

自分が何歳の時に、どれくらいの教育費が必要になるのか?お子様が複数いらっしゃる場合は、入学が重なる時期もあるでしょう。

それが見えてくると、今どれくらいのお金を貯蓄すべきか・どれくらいのお金を習い事に使ってもいいかも見えてきます。

特に子供が小さいときは、周りのお友達に勧められたり親の嗜好で習い事を無計画に増やしがちです。

最悪の場合、膨れ上がった習い事の費用が原因で、大学の学費は奨学金で準備させることに…という事態もあり得ます。

特に、初めてのお子様の幼少期には親も力が入ってしまうもの。下の子にも同じことをしてあげられるかどうかも含めて、十分ご注意ください。

教育費を貯めるためには、計画性(ライフプランの重要性)が重要であることを心に刻み込んでください。

また、教育費にかけすぎることで自分自身の人生のファイナンシャルプランニングを大幅に狂わせてはいけません。

『親がサポートできるということ』その条件には親がきちんと自立できていることが必要不可欠で、そこには経済的自立も含まれます。

教育費を費やしすぎて、自分の老後資金がおぼつかない→ということでは結局子どもに迷惑をかけてしまいます。

少子化には歯止めがかからず、社会保障に関しては、今の子供たちの方が親世代よりも恵まれていない可能性はかなり高いです。

親自身の経済的自立が子どもにとって助けになることを忘れてはいけません。

 

②将来得られる結果を考えた上で選択すること

親のお金の使い方を子どもはしっかり見ています。

『子どもは親に似るのではなく、生き方そのものをまねる』という言葉を聞いたことがあります。

親が、『将来を見据えて、慎重にお金をかけるべきところを選択する姿を見せること』は子どもにとって最高のお金の教育です。

色々なことが分かるようになった頃合いをみて、教育費にお金がかかることやそれらを貯めるための色々な方法を教えてあげることで、教育にはかなりお金がかかることや、投資について興味を持つことも考えられます。

良いことばかりではないかもしれませんが、お金がかかることを知ることで費用対効果に合うように真剣に勉強したい!考える子どももいるはずです。(私がそうでした)

『大した検討をせずに習い事を簡単に決めてしまう』『将来的に結果が求められなさそうな習い事をだらだらと続ける』というのは親にとっても子どもにとっても良い結果にはなりません。

ある程度大きくなったお子様と何かを決めるときは、『こんな結果をもとめたいから、ここに時間とお金をかけていこうね』というような親子間でのコンセンサスを取るようにしましょう。

貯め方

貯め方と言っても支出を予定する時期によって方法は様々です。

ライフプランを立てたら、どの時期にどれくらい必要かが見えてきますので、それに合わせて方法を選びましょう。

 

代表的な方法は

・現金で(流動性を求める場合)

・終身保険の短期払いで(元本保証を求める場合や保険機能が必要な場合)

・つみたてNISAで(10年以上後に使いたい教育費に対して)

があります。

詳しくはこちらでご確認ください。